福運を呼ぶ、けやき水源の水神様

 

けやき水源は、樹齢700~1000年といわれる大けやきの根元から湧水が湧き出し、平成23年くまもと景観賞の水と緑の景観賞に選ばれた水源地の1つ。

 

福運三社めぐりの1社でもあるので、多くの観光客が訪れるといいます。商店街からは、この看板を目印にはいっていきます。

 

 

商店街の脇道から、きれいに整備された石畳の道を歩いてすぐのところにあります。奥に大けやきがすでに見えていますね。

 

 

湧水地のほとりには、水神様が祀られていました。水神様の近くにはレトロな手押し式のポンプもあり、それで水をくみ上げることもできます。水面をよく見ると、池底から水が自噴しているのがわかりますよ。

 

福運三社の伝説としては、先週紹介した鏡ヶ池での、橋本順左衛門が一番くじを当てたエピソードが有名ですが、この話を聞いた城尾村市郎右衛門が、けやき水源の水神様や、小国両神社、鏡ヶ池の恵比寿様に一年以上も通い続け、富くじで一番くじを4回当てたというエピソードも残っています。

 

 

国指定天然記念物となっている、根回り9mほどもある大けやき。森林豊かな小国郷にはこういう大木が珍しくないというのも、すごいことです。

 

 

福運を呼ぶけやき水源の水神様

この宮原付近一帯は阿蘇溶岩の隙間から水が湧き、その湧水の中心がけやき水源です。この地に人が住み始めた縄文時代から今日まで、変わらず湧き続ける湧水に水の神がお祭りされました。阿蘇氏が小国郷を支配下に入れた頃、小国郷の守り神として両神社がお祭りされ、その門前には市がたち、小国郷の中心として栄えるようになりました。江戸時代になると町並みも整い商家も並び、その中頃から、この水神様も祭礼が行われ、朝に夕に生活の中心となりました。

江戸時代後期、小国郷でも両神社を舞台に富くじが始められました。近くの商家橋本順左衛門は毎朝、この水神様や両神社にお参りすることを日課としました。ある朝この井川に舟の入る夢を見た順左衛門は、吉兆と感じて富札を買い、見事に一番くじを当てました。その正夢の話を聞いた城尾村市郎右衛門は、一年以上もこの水神様や両神社、鏡ヶ池の恵比寿様に通い続け、見事に両神社と久住宮富くじに前後四回、一番くじを当てました。順左衛門や市郎右衛門は社会への恩返しとして、道を石畳にし橋を架け直しました。その一部は今も残っています。順左衛門は、その後の水源の夢を見て、網生や鹿児島の菱刈に金脈を探し、見事金を掘り当てました。

その頃から、この水神様は福運を呼ぶと信じられ、水源の夢から、戦地で命の助かった人、温泉を掘り当てた人、宝くじに当たった人など、福運の話が今日まで続いています。

(現地案内板より引用)

 

 

秋のお祭りで使われた風車がよい風情を醸していました。商店街の各所でこの風車を見ることができましたよ。

 

 

わたくしは福運三社巡りをして福銭をお預かりしたあと、マルサン酒屋さんで福運「千万両」という福運祈願のお酒をおみやげに買って帰りました。みなさんも、年末ジャンボ宝くじ当選の験担ぎに、小国郷の福運三社巡りをぜひなされてみてはいかがでしょうか。

 

鏡ヶ池伝説

 

小国町に、宝くじに御利益のある「福運3社」とよばれている場所があるのをご存じでしょうか。

 

1つは以前紹介した「小国両神社」。そして今回ご紹介いたします「鏡ヶ池」と、「けやき水源の水神様」となります。

 

 

この鏡ヶ池は、醍醐天皇の孫娘である小松女院と、清少納言の兄・清原正高との悲恋にまつわる伝説があり、12枚の銅鏡がここに沈められたことから、鏡ヶ池と言われるようになりました。

 

 

小松女院と清原正高の恋仲が帝の逆鱗に触れ、二人がそれぞれ遠くに引き離されたことから、悲劇がはじまりました。小松女院は因幡国(鳥取県)、清原正高は豊後国(大分県)に飛ばされてしまいました。

 

小松女院はついには正高に会うため豊後まで探しに出かけることを決意します。侍女11人を連れてはるばる九州を訪れ、小国の地にたどりつきます。そして、祠の下から湧き水が湧いている清らかな泉の近くの民家に宿をとったといいます。そこで、小松女院は正高との再会を祈って、この池に神仏への身代わりとして鏡を投げ入れました。侍女たちも次々と投げ入れたといいます。

 

しかし、いつしか正高に妻のあることを知ることとなり、三日月滝に侍女11人と共に滝に身を投じたということです。

 

 

 

砂の中に鏡が埋まっているということですが、見えるのは愛しい人との再会を願う、恋する女性が投げ入れるというコインばかり・・・。

 

なお、12枚すべての鏡が見えると災害が起きるともいわれています。

 

 

池のほとりで、恵比寿様が祀られていました。商家の橋本順左衛門は、こちらの恵比寿様に商売の報告をすることを日課にしていたそうですが、あるとき吉兆を感じたそうで、富くじを買ったところ、一番くじを当てたという伝説も残っています。

 

 

宝くじを当てたい人も、恋する乙女も、ぜひ訪れていただきたい小国町のスポットをご紹介させていただきました。

 

弊立神宮・東御手洗社~八大龍王の鎮まりし池

 

弊立神宮のご本殿裏の鳥居をくぐり、杉並木で囲まれた階段を下っていくと、水源地である東御手洗社(東水神宮)があります。

 

・中国の始皇帝が不老不死の霊薬をこの神水に求められた

・瓊々杵尊(ニニギノミコト)がこちらの神水で全国を浄めてまわった

 

・・・など、様々な伝説の残る水源地なのです。

 

 

車で近くまでつけることも可能ですが、できるなら、この本殿裏の鳥居から、森の階段を降りて欲しいです。

 

 

森に作られた階段を降りていくと、ほんとうに静かで、都会の喧噪などまるで無縁で、別世界に迷いこんだかのよう。

 

 

霊感がないと思える私でも、おおいに感じいるものがあります。緑に癒やされたいという方はここを散策するのをとても気に入ると思います。

 

 

仲良くなれる木といわれる、双子杉。周囲を見ていただくとわかりますが、ご神木とされていない杉でも、たいへんな幹の太さのものばかり。途方もない年月が感じられます。

 

 

森の階段を抜けると、八代龍王が鎮められているという水玉池がみえました。この聖域を侵すと、台風が起こるとされています。

 

 

水源地よりの竹筒から流れるご神水。左右で水の味が違いますので、飲み比べなされてみてくださいね。

 

 

北辰妙見大神が祀られる東御手洗社。湧き水が作り出す小川にかかる小さな石橋を渡っていきます。

 

 

水玉池のほとりにある、東御手洗の水をひいている悠紀田(ゆきでん)と呼ばれる神田(しんでん)。

 

もとは西御手洗にあった主基田(すきでん)を、東御手洗の地に移した時の田植えの祭りが、大嘗祭の基となっているとのこと。

 

 

ガイドつきでまわりたいというときは、ぜひ神社検定2級を持つ観光ガイドタクシー、加来タクシーにお任せいただければと思います。

 

弊立神社

 

山都町にあるパワースポット、弊立神宮を訪れました。

 

高天原神話発祥の神宮であり、1万5千年もの歴史があると言われていながら、世間に知られていない”隠れ宮”。この神宮の始祖である健磐龍命(たけいわたつのみこと)が、応神天皇の時代の「高天原の乱」に係っていた為に、自ら身を隠して「隠れ宮」となった、と言われています。

 

 

神武天皇の孫たる健磐龍命が、ここで幣を立て、宇宙から降臨された神々を祀ったことが始まりである、と伝わっています。弊立神宮という名前も、そこから由来しています。

 

 

鎮守の森自体が、町指定天然記念物(ふるさと熊本の樹木・昭和56年3月12日登録)となっています。

 

 

幣立神宮は「日の宮」とも言われています。これは、天照大神が住む宮殿という意味になります。こちらのご神木に「天照大神」の御霊がいらっしゃると言われています。神漏岐命・神漏美命が降臨されたご神木の檜は、現在の幹は10代目であるとのこと。

 

ただし、1991年9月27日の台風19号により幹が折れてしまい、上部が枯れてしまって、ありません。その上部は台風により本殿の上に落ちて、本殿を台風の被害から守ったとのことです。

 

 

ご神木の折れた上部は、天神木「高千穂」として、このように祀られていました。

 

 

訪問した日は水曜日で、平日でしたが、数多くの参拝客でにぎわっていました。隠れ宮ですから、一昔前であれば、地元民しか知られていなかったのでしょうが、いまはSNSなどもありますから、パワースポットとして知られるようになっているのかもしれません。

 

 

弊立神宮は山1つまるごと境内となっているような大きな神宮で、規模が大きいですので、来週につづきます。

 

清和文楽館~九州唯一の人形浄瑠璃

 

山都町・清和文楽館で定期的に催されている人形浄瑠璃は、九州でも唯一、山都町でしかご覧になれないもの。

 

九州各地のツアー客が、これを楽しむため山都町に集まり、連日賑わいを見せています。ですが、意外と熊本の人でも見たことがない、という人は多いのではないでしょうか。

 

 

清和文楽は、江戸末期に山都町(旧・清和村)を訪れた淡路の人形芝居の一座から、村人たちが人形を買い求め、技術を習ったのがはじまりとされています。

 

人形を買い求めたのは、地元で浄瑠璃名人として知られた君太夫という人物。君太夫とその仲間たちは、浄瑠璃と人形劇をあわせた人形浄瑠璃を作り上げ、豊作祈願の奉納芝居として定着していきました。

 

 

清和文楽は明治末期に一度衰退しますが、昭和29年には清和文楽保存会が発足、昭和35年には文楽人形の技術者たちが熊本県無形文化財に指定されました。

 

そして、昭和54年には清和文楽人形芝居が熊本県の重要無形文化財に指定されたのを機に、「栗と椎茸と文楽の里」をキャッチフレーズに、清和文楽を用いた村おこしが行われるようになりました。

 

 

平成4年には、清和文楽の専用劇場である「清和文楽館」が誕生。現在、毎年200回前後の公演を行っています。

 

 

定期公演は第2、第4日曜日(7〜11月は毎週日曜日)の、13:30からとなっています。30名以上の団体であれば、定期公演意外の日時でも公演の予約ができます。(詳しい条件につきましては、施設にご確認ください。)定期公演のない日でも、大型スクリーンで清和文楽を紹介した映画を見ることができます(約25分)

 

 

建物自体も見物でして、テコの原理を応用した騎馬戦組み手工法と言われるもので、日本古来の伝統建築技術の粋を集めて造られています。

 

このような劇場ができるまでは、畑や庭先に筵を敷いての野舞台なども行なわれていたようです。

 

 

資料棟では文楽に関する資料を多数展示しています。本物の人形の頭を自分で動かすことが出来る体験コーナー、コンピューターで人形の動きを再現したロボット人形などがあり、公演がない日も楽しめます。

 

 

秋の行楽シーズンに、150年の歴史を誇る清和文楽を、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

五老ヶ滝・五老ヶ滝吊り橋

 

通潤橋のすぐ裏手に、落差50mを誇る、山都町最大級の滝「五老ヶ滝」があります。復旧工事中のため通潤橋を近くで見れないいまだからこそ、迫力ある滝を見てみてはいかがでしょう。

 

普段はみなさん、通潤橋のほうだけ見て帰られると思いますからね・・・。

 

 

 

・・・しまった、わたしは高所恐怖症なのでした・・・。

 

吊り橋からの眺めも荘厳で素晴らしいのですが、吊り橋の見事さもぜひ体感していただきたいです。

 

 

駐車場から吊り橋までは、階段で結構下ります。足腰が鍛えられますね・・・。

 

 

阿蘇家が朝廷の使者をもてなすときは、この滝にご案内していたそうです。朝廷の勅使にご覧にいれた滝だったことから、「ご覧にいれた」が「ご覧(ろう)じた」変化して、「五老ヶ滝」と呼ばれるようになったのではないか、とのことです。

 

 

通潤橋へのルートは現在、閉鎖されていました。通潤橋は現在、地震影響調査と復旧工事のため、付近を立入禁止にしていますからね。

 

 

滝の下まで降りれるのですが、吊り橋まで降りるのでも結構な体力を使いましたので、吊り橋まで行って引き返しました。運動不足のかたには、うってつけかもしれませんよ。

 

下鶴眼鏡橋

 

熊本市中心部から山都町方面に用事があると必ず通ることになる、国道445号。熊本の道路事情もよくなりましたが、この道だけは曲がりくねったままで何十年も変わりませんね・・・。

 

さて、そんな国道445号を通る際、下鶴眼鏡橋という石橋がありますから、ぜひ注目して見ていただきたいです。名工・橋本勘五郎の作で、ちょっと面白い遊び心のある石橋なのです。場所的にはJNC(株)の七滝川第二発電所のあたりです。(※ちなみに、JNCはチッソの後継会社です。)

 

 

下鶴眼鏡橋は、緑川支流の八勢川(やせがわ)にかかり、有名な通潤橋や日本橋、万世橋など、数多くの石橋を手がけた石工である橋本勘五郎、弥熊父子が明治19年に完成させました。

 

 

橋長:24.90m、橋幅5.65m、橋高12.55m。総工費2538円31銭厘。

 

石積みが美しく、また擬宝珠の装飾を持つ豪華な欄干も持ち、手間も費用もかけてある印象です。

 

 

お酒好きの方が発注されたのでしょうか、とっくりの形に抜かれた、欄干の装飾が目を引きます。右に目をやれば、横倒しにした盃も見えますね。

 

 

明治の架橋でありながらも、改修しつつ現在まで使い続けられた橋ですので、道路面に埋め込まれたこのオブジェも、改修時の遊び心なのでしょうね。

 

 

通潤橋を見るために熊本市から山都町方面に行くならば、ここは必ず途中で通りますので、こちらもぜひあわせてご覧いただくのがオススメですよ!

 

池の川水源

 

くまもと名水百選(昭和60年8月選定)のひとつ、南阿蘇にある池の川水源にやってきました。おいしい水が汲めるとの評判で、取材時にもちょうど地元の人が水を汲んでいるところでした。

 

 

平成の名水百選(平成20年6月選定)に選ばれた南阿蘇村湧水群の1つでもあります。湧水量は毎分約5トンあり、含有されるミネラルはナトリウム10.5mg/l、カリウム6.09mg/l、カルシウム22.9mg/l、マグネシウム6.86mg/lとのこと。

 

 

南阿蘇には湧水地が多くあって、いにしえの時代から農耕用水や生活用水として活用されてきました。

 

阿蘇火山に降った雨は地下に染みこむ課程で、火山によって形成された地層により濾過され、ミネラル分豊富な湧水となり、南阿蘇の各所で湧き出しています。

 

 

水源にある岩下神社。古くは三年妙見と呼ばれていて、阿蘇七十五社の一つとされています。

 

毎年7月18日の夏祭りと、11月18日の秋祭りはいまでも盛大に行われています。

 

 

お祭りでは各ご家庭から御神酒を持ちよって、かすあえを肴に飲み明かして水に対する感謝を表す風習が現在まで伝わっています。

 

 

池の中にはかぶと石という石が2つあり、水量が多くなって右の石が見えなくなると雨が多く凶作、見えていれば日年(ひどし)で豊作になるといういい伝えがあるそうです。(池には石がいくつもあるので、どれがかぶと石なのかはわかりませんでした・・・)

 

 

おいしい水を求める方は、ぜひポリタンク片手に訪れてみてくださいね。

 

貴賓館~北里柴三郎記念館

 

北里柴三郎記念館を前回取り上げさせていただきましたが、今回は同じ敷地内に隣接して建っている、貴賓館をご案内させていただきます。

 

貴賓館は北里文庫と同時期に建てられました。北里先生が帰省した際の住居として用いるほか、郷里を訪れた来賓をもてなす場所として作られた木造2階建ての建築物で、大正5年に完成しました。

 

 

大正5年8月10日の落成式には博士一家で参加し、数日滞在なされたということです。

 

小高い場所に建っていることもあって、2階の客間から村落を一望できるほか、小国富士と呼ばれる湧蓋山(わいたさん)も見ることができます。

 

 

建物の作りとしては華美さはないものの、造作の作り込みが細かく、来賓を迎え入れるための建物として作られただけはあると感じ入りました。

 

 

光るえんがわ。北里柴三郎先生が8歳の頃、教育のため伯母の嫁ぎ先であった小国郷志賀瀬村の橋本家に預けられ、四書五経を学ばせられました。

 

そのとき橋本家の縁側を柴三郎先生がぴかぴかになるまで毎日拭き続けたという話は、熊本県の小学1・2年生の道徳の教科書「くまもとのこころ」にも掲載されました。

 

橋本家から実際のえんがわの一部を預かったそうで、こうして展示してありました。

 

 

床の間の違い棚には、当時の写真や手紙などが飾られていました。天袋のふすまには柄などは見られず、上質でありつつも飾り立てない質素な作りが、印象的な建築物でした。

 

 

北里柴三郎記念館を訪れた際には、ぜひともこちらで100年前に北里先生が眺めたのと同じ景色に思いをはせてみてはいかがでしょうか。

北里柴三郎記念館

 

北里柴三郎と聞いて、その名を知らない日本人はいないと思います。世界で初めて血清療法を確立し、ペスト菌を発見するなどして、日本細菌学の父と言われている医学博士です。

 

ところが、北里柴三郎が熊本出身(小国町)であることはほとんど知られていないと思います。今回は、その北里柴三郎記念館をご紹介いたします。

 

 

平成28年に設立100周年を迎えた北里文庫。私財1万円余を投じて、北里柴三郎が郷里の学生たちのために設立をしました。

 

 

もとは北里文庫と貴賓館だけがあったこの敷地内には、現在では博士の生家の一部も移設されております。当時は坂下屋敷と称し、もともとは記念館南側の集落内にあったといいます。明治28年に両親を東京に呼んで空き屋となったため、座敷二間をのぞいて取り壊されました。現存するのはその一部となります。

 

 

貴賓館前の広場。北里柴三郎先生の銅像が設置されています。熊本医学校時代にオランダ人教師、マンスフェルトとの出会いにより、北里柴三郎先生は医学の道に本格的に進んでいくことになります。マンスフェルトからは解剖学や生理学など、さまざまな医学知識を学んだと言われています。

 

より専門的な医学知識を身につけるために進学した東京医学校では、医学知識が豊富であったため、教授の論文に口だしするなどして学校との折り合いが悪く、留年を繰り返すことになったそうです。それでも明治16年に医学士となりました。

 

 

北里柴三郎記念館入り口。真っ先に来場者を迎えるのは、北里先生が愛用した顕微鏡です。

 

北里柴三郎先生は東京医学校を卒業後、内務省衛生局に勤務することとなります。ここで当時、東大教授兼衛生局試験所所長を勤めていた東京医学校時代の同期、緒方正規のはからいにより、国の留学生として、ドイツのベルリン大学に留学することとなります。ここで、結核菌の発見者であるローベルト・コッホに師事することとなります。

 

 

ベルリン大学時代には、1889年、世界初となる破傷風菌純粋培養法に成功。翌1890年には破傷風菌抗毒素を発見し、功績をあげました。また、弱毒化・無毒化した菌体をすこしづつ動物に注射して抗体を作り出し、その血清を患者に投与するという血清療法も、北里先生が世界で初めて開発したものです。

 

 

1890年には血清療法をジフテリアに応用し、同僚であったベーリングと連名で「動物におけるジフテリア免疫と破傷風免疫の成立について」という論文を発表し、第1回ノーベル生理学・医学賞の候補となりました。結果として、ジフテリアについて単独名で論文を別に発表していたベーリングだけが評価され、ノーベル生理学・医学賞を受賞することとなり、北里柴三郎先生は受賞することがありませんでした。

 

 

この時代にはまだ共同受賞という考え方がなかったこと、また、選考にあたったカロリンスカ研究所が、北里柴三郎先生は実験結果を提供しただけで免疫血清療法のアイディアはベーリングが考えたものだと見なしたということがあるようです。受賞できなかったのは、日本人であることによる人種差別的なことではなかったものと考えられています。

 

 

さきほどの論文により医学界では大いに評価され、多くの欧州の各研究機関からスカウトが殺到したということです。しかし、北里柴三郎先生は、国費留学の目的は日本の脆弱な医療体制を改善することと、伝染病の脅威から日本国民を守ることであると、すべてスカウトを断り、日本に帰国しました。

 

 

帰国したのち、北里柴三郎先生は感染症の研究機関設立を目指しますが、東大医学部との対立をしていたために、政府への訴えは無視されてしまいました。

 

なぜ東大医学部との対立をまねいたかというと、それはドイツ滞在中に発表した論文に起因します。脚気の原因について、細菌が原因であるとした東大教授・緒方正規の説に否定的な見解を論文で示したことで、「恩知らず」とみなされ、対立関係になってしまったということです。

 

 

この状況を打破することになったのは、福沢諭吉でした。

 

彼が私財を援助することで、北里柴三郎先生は私立伝染病研究所を設立することができ、初代所長として就任することとなりました。私立伝染病研究所はのちに国に寄付され、内務省管轄の国立伝染病研究所(現在の東大医科学研究所)となりました。ここで北里柴三郎先生は伝染病予防と細菌について研究に打ち込みました。

 

 

明治27年にはペストが流行する香港に政府より派遣され、病原菌であるペスト菌を発見する功績をあげました。日本では何度もペスト流行の兆しがあったそうですが、北里柴三郎先生が感染症予防の必要性を政府にうったえかけていたため、日本で流行することはありませんでした。

 

 

北里研究所創立五十周年記念のメダル。

 

北里先生の功績がよくわかる記念館になっており、今回紹介できなかった貴賓館までもじっくり見ますと、それこそ一日費やせるほどに見応えのある施設です。熊本出自の偉人の功績にぜひ触れてみてくださいね。