阿蘇神社と熊本地震

CIMG0065

ありし日の阿蘇神社の楼門(ろうもん)。7年前に撮影したものが、カメラに残っておりました。

 

平安時代に編纂された「延喜式」(えんぎしき)にも、【健磐龍命神社】(たけいわたつのみことじんじゃ)として、名前が登場するほどの歴史ある神社。2300年の歴史があるとのこと。

 

阿蘇神社の楼門といえば、日本三大楼門の1つ。楼門としては珍しい二重屋根タイプで、江戸末期(1849年)に建立されました。国の重要文化財に指定されています。

CIMG0742

この楼門を、熊本地震(2016年4月16日)のあととなる、6月16日に撮影したものがこちらです。地震で楼門が倒壊してしまっております。

 

4月16日に熊本県を襲った、マグニチュード7.3、最大震度7の大型地震は、阿蘇神社も大きく被害をうけることになりました。

 

楼門のほか、拝殿も倒壊し、三つの神殿も大きく損傷してしまっております。阿蘇神社の復旧には、工期10年、20億円もの費用がかかると言われており、重要文化財指定を受けていない拝殿に関しては、神社が自費で立て直さなければならないとか…。

CIMG0746

屋根が壊れているところには、ビニールシートが被せて応急処置が施されています。熊本県民としては、このような阿蘇神社の姿を見るのは忍びないです。阿蘇神社の1日も早い復旧を願っています。阿蘇神社では、復旧のための奉賛(募金)を募っておられますので、余力のあるかたはぜひ、阿蘇神社復興に力をお貸しくださいますよう、お願い致します。

 

熊本・阿蘇が立ち直るためにも、ぜひ阿蘇に遊びに来ていただきますよう、お願い致します。

 

ここからCMとなりますが・・・

 

阿蘇観光には、観光タクシー「加来(英)タクシー」(090-2852-1466)を、ぜひご利用ください!!

1時間4,000円ですので、大人数での乗り合わせがお得ですよ。観光知識には誰にも負けませんので、ベテランガイドをお探しであれば、ご用命くださいませ。ただし、パソコンやメールは苦手ですので(ブログもかわりに打ちこんでもらっています。)携帯電話に直接、お電話くださいね。

西南の役

植木町荻迫神社

 

CIMG0661 CIMG0660

 

西南戦争の弾痕

 

 

CIMG0667 CIMG0666 CIMG0665 CIMG0664 CIMG0663

 

玉東町 正念寺

正念寺山門 国指定史跡

 

 

 

CIMG0590

 

西南戦争時の弾痕のあと

 

 

 

CIMG0591

 

 

 

西南の役

金属反応が、確認されたところを、ノミで削ると、鉄砲の弾が。CIMG0644

西南の役

台風で傷んだ杉を金属探知機で調べると反応が出たところに印CIMG0647

西南の役

田原坂公園近くの田原熊野座神社

 

 

 

CIMG0646