霊巌洞(雲巌禅寺、五百羅漢)

img_7014

 

 

宮本武蔵が五輪の書を書いたとされる霊岩洞(れいがんどう)は、金峰山の西麓にある、熊本の人気観光地です。熊本市中心部からはかなり外れており、バスの本数も少なく、しかもバスで行くとかなり手前で下ろされるので(岩戸観音入口バス停から霊巌洞まで、急坂を1kmほど歩きます)、意外と行ったことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。自家用車があると行きやすいんですけどね。

 

霊巌洞は、雲巌禅寺(うんがんぜんじ)というお寺の裏山にありまして、この雲巌禅寺自体も、平安の歌人「檜垣」(ひがき)が日参したといういわれのある歴史のあるお寺さんとなります。実は、雲巌禅寺に安置されている岩戸観音は、お寺よりも歴史が古いものとなります。

 

img_6936

 

この周辺はこのように棚田が広がっている地域でして、農村の醸すたたずまいがなんともいえません。近くには古民家カフェ「ココペリ」さんがあるので、雲巌禅寺・霊岩洞に行くまえにこちらで腹ごしらえするのも良いかもしれませんね。(写真左側がココペリさんの駐車場となります。)

 

img_6943

 

参拝料は大人200円、子ども100円となります。宮本武蔵の使った木刀や書画などが展示されている宝物館も併設されております。

 

img_6947

 

 

宮本武蔵は兵法家として有名になりましたが、多才なかたで、たくさんの芸術作品も残されています。

 

 

 

 

 

img_6948

 

 

右から、「蘆葉達磨図」「枯木鳴鵙図」、いちばん左は武蔵の肖像画で、こちらは作者不詳となっております。※いずれも複製

 

 

img_6946

 

 

檜垣女(ひがきおんな)の愛用品も収蔵されています。檜垣は、世阿弥の能『檜垣』によって知られるようになりました。歌人・檜垣の歌は、後撰和歌集に載っています。

 

 年ふればわが黒髪も白川のみづはくむまで老いにけるかな

 

 

img_6971

 

岩を削った道を歩いていくと、五百羅漢が広がります。宮本武蔵が生きていた時代にはまだなかったということです。

 

img_6968

 

 

1つ1つのお地蔵様がすべて違う表情をしています。過去の地震などの影響で、首がおちてしまっているものも多数あります。

 

img_6980

 

結構なアップダウンのある、古い石段を歩きますので、歩きやすい靴で来られるのをおすすめします。雨上がりなどは特に滑りやすくなります。

 

img_6961

 

五百羅漢の見事さはカメラで写しきれませんので、ぜひその目で実際に広がる光景をご覧になってください。

 

img_6981

 

 

霊巌洞までの道すがら、五百羅漢だけでなく、多数の石塔や石碑がたっています。熊本地震の影響はないわけではありませんが、大きく崩れて立ち入り禁止になったりしているところはないようです。

 

img_6991

 

 

霊巌洞入口。ここがまた、かなりの急坂です。階段は右手のものより左手の奥側ほうが、昇降しやすいですよ。

 

img_7018

 

 

岩戸観音にお参りする参拝客。木柵が設けられていて、すこし手前で拝むこととなります。

 

img_6997

 

五輪の書を書いたとされる霊巌洞。この場所を堪能するために、長いすも用意されています。

 

img_7012

 

 

武蔵がここで座禅を組み、瞑想にふけっていたであろう、船頭石です。よくパンフレットに載っていますね。

 

img_7031

 

 

境内内には、名水百選に選ばれた「金峰山名水群」の祈念碑がたっています。【くまもと「水」検定1級】資格及び【くまもと「水」ガイド水守】資格を持っていますので、名水めぐりがしたいということでしたら、かなりマニアックなところにもご案内できますよ!

 

img_6977

 

焔魔堂。奥に閻魔様が安置されています。

 

霊巌洞はパワースポットとしても有名ですし、宮本武蔵の足取りを追うもよし、熊本をおとずれるならば見ておくべき場所だと思います。バスで行くとかなり歩きますが、タクシーだと雲巌禅寺の入口まで乗せていけますので、足腰に自信がないという方や、時間に余裕がないという方は、ぜひ観光タクシーで訪れてくださいね。ていねいな解説付きでご案内いたします。

 

神風連資料館(桜山神社)

img_6746

 

神風連(しんぷうれん)の変、をご存じでしょうか。明治時代に起こった旧肥後藩士族の反乱で、急激に欧米化をすすめる明治政府(廃刀令、秩禄処分など)や、日本古来の伝統文化の破壊が進んで行くさまを憂い、熊本鎮台(くまもとちんだい)を大田黒伴雄(おおたぐろともお)率いる約170名で襲撃したものです。有名な映画「ラストサムライ」の元となっていると言われています。

 

なお、熊本鎮台とはいまでいう自衛隊駐屯地のようなもので、旧合同庁舎跡にあり、歩兵第13連隊と砲兵第6大隊が駐屯していました。奇襲攻撃をかけ、鎮台司令官・種田政明(たねだまさあき)や熊本県令(いまでいう県知事)安岡良亮(やすおかりょうすけ)を討ち取りますが、槍や刀などの古来の武装をした神風連の志士たちは、近代的な銃砲の前に倒れていき、翌日には鎮圧されることとなりました。

 

この事件が、のちの秋月の乱、萩の乱、そして翌年の西南戦争につながっていくこととなります。

 

img_6722

 

神風連の変で散った百二十三の志を弔うために、熊本市黒髪に、有志で桜山祠堂(さくらやましどう)が建立され、これがのちの桜山神社となります。桜の字は、神風連(敬神党)の思想の元となった、林桜園(はやしおうえん)の名から取っていると言われています。

 

img_6733

 

 

神風連の変で散った、百二十三士之碑。じつは、わたくし加来英俊のご先祖様が、こちらで眠っております。

 

img_6742

 

加来十郎といい、神風連の変の当時、25歳でした。

 

img_6730

 

両脇に立ち並ぶ石碑1つ1つが、各志士の墓となっています。

 

img_6727

 

 

林桜園の墓もここにあります。

 

 

img_6736

 

 

桜山神社には神風連資料館が併設されており、神風連の変を知らないかたには、館長がていねいに解説を加えてくださいます。

 

 

img_6719

 

 

なお、神風連とは実は反対派が名付けたもので、本当の名は敬神党(けいしんとう)といいます。旧肥後藩派閥「勤王党」の一派で、その名の通り、神道を重んじる思想を持っている人たちで、多くが神職についていました。ですから、神風連の変の出兵のさいも、新開大神宮で宇気比(うけい)という神事をとりおこない、神託を受けて、出兵したのです。

 

img_6723

 

神風連資料館の創設に尽力した、初代理事長、荒木精之(あらきせいし)氏の碑もあります。神風連資料館が造られる前は、神風連に対しては世間一般の認識はかんばしいものではなかったため、それを憂いてこの資料館を造ろうとされたということです。

 

img_6766

 

 

神風連に関しては、その末裔たるものとして、広くこの出来事を後世に伝えていきたいと考えています。神風連資料館へ向かうさいには、加来タクシーを使っていただければと思っております。

リデル・ライト両女史記念館

img_6866

 

かつて熊本には回春病院という、ハンセン病患者のための医療施設がありました。この跡地に、ハンセン病治療に尽力した「ハンナ・リデル」と「エダ・ライト」を称える記念館が作られています。この建物は、ハンセン病病原菌研究所の建物を再利用したものとなります。

 

img_6862

 

回春病院跡地には、この記念館のほか、リデルライトホームという老人福祉施設が、いまも運営されております。リデルたちの「分かち合い」の精神を受け継いだ施設だということです。

 

img_6867

 

img_6864

 

この建物も熊本地震の被害を受けていたため、このようにロープで立ち入り禁止とされており、施設は閉鎖されていました。再開の日時などは発表されておらず、復旧の見通しがたっていない状況のようです。

 

img_6861

 

 

震災後は、地震を受けて閉鎖されていたり、取り壊されていたりする史跡も多いですので、観光のさいには、現地の事情を把握している観光タクシードライバーに頼んでいただければ、無駄足になることもなく歴史ロマンをじっくりと堪能していただけるのではないか、と思っております。

武蔵の引導石(むさしのいんどうせき)

img_6790

 

宮本武蔵は62歳でなくなるまでの5年間を、熊本で過ごしましたので、葬儀も熊本藩でとりおこなわれました。細川家より客分として招かれていたため、かなり盛大な葬儀だったと伝えられております。

 

img_6786

 

その葬儀の途中で、この引導石の上に棺をおき、泰勝寺の春山和尚が引導を渡したと言われています。(引導とは、死者が迷わず成仏できるように、僧侶が法語を与えること。つまり、死んだことをわからせる儀式のことです。)泰勝寺は、細川家の菩提寺として知られていて、残念ながら寺はもう残ってはいないのですが、この引導石のすぐ近くにある立田自然公園のなかに、その跡地があります。

 

img_6788

 

引導石を説明した木碑。単なる植え込みだと思って、知らずに通り過ぎてしまう人が多いのではないかと思います。

 

img_6793

 

 

このへんの黒髪四丁目のあたりは非常に道が狭く、バスの通行は困難となります。この道を通る必要がある史跡としては、立田自然公園やリデルライト記念館などがありますが、おそらくバスツアーなどでは飛ばされてしまうことかと思います。観光タクシーをご利用いただければ、歴史背景などを語りつつ、さまざまな史跡をご案内することができますよ!

 

img_6791

熊本市の地名「坪井」の由来~千躰仏報恩禅寺

img_6888

 

 

ローカルな話題になりますが…。熊本市には「坪井」(つぼい)という地名がありますが、実はこの由来になった、ある「もの」があるのです。今回はその「もの」があるという、千躰仏報恩禅寺(せんたいぶつほうおんぜんじ)を訪れました。

 

自由律俳句で有名な、種田山頭火(たねださんとうか)が出家得度し、禅修行したことで有名になった禅寺ですね。

 

img_6870

 

「けふも托鉢こゝもかしこも花さかり  耕畝」

 

全国に921箇所あるとされる、山頭火の句碑の1つがここにあります。耕畝(こうほ)とは、出家した際に改名した名前になります。本名は種田正一(たねだしょういち)。自由律俳句となりますので、季語もなければ句数の制約もありません。

 

img_6881

 

本堂の脇の道を通り、お墓のそばの路地を進むと…

 

img_6873

 

本日の目的である、「坪井(つぼい)」の由来となった井戸があります!熊本地震がありましたので、石塔や墓石などがあちこち倒れてしまっています。

 

img_6875

 

img_6879

 

これが坪井の地名の由来となった、「壷井」となります。加藤清正公が城下町つくりをした際に、境内の井戸が大きく、壷の形に似ているところから、この辺一帯を「壷井」となづけられたと言われています。(別名、雷封じの井戸といいます。かつての住職がここに雷を法力をもって封じたのだとか…)

 

img_6877

 

壷井の脇には、水神様も祀られていました。この壷井の水を飲むと病気が治ると言われて、重宝されていたようです。

 

img_6882

 

本堂も地震で被害を受けたようで、ビニールシートやベニヤ板で応急処置がしてあります。熊本市でよく見る風景ですが、工事業者待ちで、なかなか修繕が進んでいかないようですね…。

 

img_6885 img_6883

 

熊本の人を連れてくると、「坪井」に由来があったのかと驚いてもらえる場所です。全国的には種田山頭火由来の寺として有名なところですね。熊本は他にも種田山頭火ゆかりの地としては、熊本市植木の味取観音堂(1年間、堂守を勤めた)、熊本市横手の安国禅寺(分骨されたお墓がある)などがありますよ。

 

場所が細い路地にはいりこむ必要があり、駐車場も5~6台分しかないですので、ぜひ観光タクシーをご利用ください。きちんとした解説付きで、楽しい旅行中の貴重な時間を無駄にさせませんよ!

剣聖宮本武蔵旧居跡(千葉城跡)~武蔵使用の井戸

img_6916

 

 

熊本には、宮本武蔵ゆかりの史跡が多くあります。武蔵塚公園、霊巌洞(れいがんどう)、西の武蔵塚、立田(たつだ)自然公園…。その中でも、見過ごされがちな小さなスポットに目を向けてみたいと思い、今回は、熊本市中央区千葉城町にある、宮本武蔵旧居跡をご紹介いたします。

 

img_6915

 

細川忠利公より、客分として熊本に招かれた宮本武蔵は、千葉城跡の一角に建てられた屋敷に住んでいました。このとき57才。剣豪のイメージとは異なり、この屋敷では茶や禅、書画なども楽しんだとされています。このときの屋敷は既に残っておらず、その跡地に木碑が残されているのみです。

 

img_6919

 

旧居跡には熊本西年金事務所が建っております。地元のかたでも、この年金事務所の片隅が、実は宮本武蔵旧居跡だとは、あまり知られていないのではないかと思います。

 

img_6921

 

 

木碑を拡大したもの。宮本武蔵が肥後藩に招かれた経緯や、当時の状況が記されています。

 

img_6931

 

ここから、坪井川のほとりにある細い路地をたどっていくと、宮本武蔵が使用したとされる井戸跡があります。

 

img_6924

 

千葉城が建っていたとされる高台には、現在、NHK熊本放送局が建っています。NHKの駐車場の片隅に、その井戸はあります。

 

img_6926

 

これですね。案内看板がすっかり木で埋もれていました。危険なので鉄柵がなされております。

 

img_6929

 

井戸跡の看板拡大。

 

img_6923

 

井戸跡を引き気味に撮影したもの。なお、前述の通り、この場所は宮本武蔵の使用した井戸跡であると同時に、出田秀信が築城したとされる肥後千葉城跡でもあります。千葉城としての遺構は何も残されておりませんが、地名に多く千葉城の名が残っております。

 

ここからは宣伝となりますが…

 

img_6920

 

観光ガイドタクシーは、基本的にはお客様の組み立てたプランで、観光地を移動していきます。しかし、時間に余裕があると見れば、お客様のお好みやご要望に応じて、こういった見過ごされがちな観光スポットや史跡をご案内いたします。せっかくの滞在時間を有意義に過ごしてもらうためには、移動の小回りがきき、小さな史跡をさっと追加できる柔軟さがある観光タクシーにお任せいただければと考えております。

立田自然公園(泰勝寺跡地)

img_6860

 

今回は立田自然公園を訪問しました。こちらには、肥後藩主・細川家菩提寺であった、「泰勝寺」(たいしょうじ)跡地、細川家の墓地である四つ御廟(よつごびょう)、茶室・仰松軒(こうしょうけん)などがあります。

 

img_6809

 

観光ガイドは入園料は要らないのですけど、同行するカメラマンさんの分を支払うべく、チケット販売所に立ち寄りましたが、誰もいらっしゃらない。そうこうしていると、小学生の集団が、入園料も払わずにどんどん自然公園にはいっているではありませんか。戸惑っていると係員が来て、「いまはいろんな施設が被災しており、見れるところも少ないので、入園無料で開放しております。」とのこと。

 

img_6808

 

このように、見学範囲制限が設けられておりました。仰松軒や宮本武蔵墓所などを見ることができなくなっていますが、四つ御廟や、みごとな庭園を見ることはできるようになっています。

 

img_6812

 

入場門をくぐって、すぐに右手に池が見えてきますが、そこも外周にまわる通路が封鎖されていました。しかし、外からでも池を見ることはできるようになっています。

 

img_6817

 

石畳をあるいていきます。この先に、細川ガラシャなどの墓である、四つ御廟があります。

 

img_6815

 

ふと横に目をやると、門の瓦が落ちたのでしょう、熊本でよく屋根にかかっているビニールシートが被されていました。立ち入り禁止区間より先は、きっともっと酷いことになっているのだろうと思われます。

 

img_6820

 

ふと後ろをふりかえってみました。背の高い立木がそびえたつ、豊かな自然に囲まれた庭園を見るだけでも、ここに見にくる価値は大きいと思います。

 

img_6828

 

苔園(こけえん)。見事に苔が表土を覆っており、緑の自然のカーペットとなっています。

 

img_6822

 

四つの廟、と書かれた、四つ御廟について書かれた石碑。細川藤孝夫妻と、2代目細川忠興とその妻玉子(明智珠子、またの名を細川ガラシャ)がこの廟に祀られています。

 

img_6858

 

同じ高さの、同じ造りの平屋が、平等に同じ高さで4つ、横並びになっているのが、この四つ御廟の最大の特徴となっています。男女や立場の区別なく、平等に祀られていることが、この時代ではとても珍しいことだったのではないか、と思われます。

 

img_6839

 

細川忠興の妻、玉子は、洗礼を受けているため、洗礼名として「ガラシャ」の名があります。そのため、後世では「細川ガラシャ」と呼ばれるようになりました。なお、細川ガラシャは明智光秀の三女であったために、本能寺の変のあとは、幽閉されていた時期もあります。

 

img_6837

 

御廟の中は、このように五輪塔が安置されています。

 

img_6831

 

初代細川藤孝の墓所。

 

img_6841

 

宮本武蔵の墓もあるのですが、この先は行き止まりとなっていました。残念ですね。

 

img_6832

 

見れる場所は限られるとはいえ、主だったところは見て回れることから、訪れて損をすることはありません。なお、駐車場は広く30台くらいは入る大きな駐車場があります。バスも止まれる大きさかと思いますけれど、この辺は道幅が狭いためにバスの通行は難しく、観光タクシーであれば、入口手前まで乗せていくことができますよ!立ち入り禁止区間がありますが、はいれないところに関しては観光ガイドであるわたくしが補足説明をさせていただきますので、十分歴史ロマンに浸ることができると思います。

夏目漱石内坪井旧居

img_6912

 

新婚時代を熊本ですごした夏目漱石。この「内坪井(うちつぼい)」の家は、漱石が熊本で5番目に住んだ家で、住んだときの場所に、住んだままの姿で残されている貴重な史跡です。こういう旧居は、保存されていても、当時とは違う場所に移築されることが多いですからね。(漱石の第三旧居(大江旧居)は、ジェーンズ邸敷地内に移築されています。)

 

img_6907

 

 

この家で、夏目漱石と鏡子婦人のあいだに長女、筆子が生まれ、漱石は父親となりました。これは、筆子が生まれたときの産湯として使った井戸だそうです。

 

img_6908

 

現在、熊本地震で旧居自体は被災したため、このようにバリケードが敷かれており、庭園だけが解放されて、誰でも無料で見ることができるようになっております。いまの熊本県内には、このように被災したために一部のみ無料開放している施設が多くあります。なお、被災前は、漱石資料館にもなっておりました。

 

img_6914

 

資料館として使われていた洋館部分。こちらは漱石が住んでいた頃にはなかったと言われており、のちに住んだかたが増築したものだということです。

 

img_6900

 

残念ながら、漱石の住んだ家のなかを見ることは、いまはできないのですが、素晴らしい庭を見ることはできますし、句碑も設けられています。

 

img_6906

 

内坪井旧居は、普通車駐車場が5台ほどあるのみで、観光バスが止まることはできません。手前味噌となりますが、こういう旧居巡りには観光タクシーを使っていただいたほうが便利かもしれません。

 

この内坪井旧居の近くには、夏目漱石が熊本を見下ろし「森の都」と言ったとされる、「新坂(しんざか)」もあります。

 

 

img_6893

 

新坂の由来。当時は新しい坂だったのでしょうけど、いまは名前に残るのみで、熊本市民にとって新しくもなんともありませんが…。夏目漱石が「森の都」といったということで有名なところですね。

 

img_6894

 

ちなみに…。そのときの漱石が見下ろした風景がこちらとなります。

 

img_6895

 

熊本も開発が進み、森の都といわれた風景はもはや残ってはいませんが、この場所で漱石が熊本を見下ろしたとされる場所には、ご案内できますよ!このような細かい歴史スポットが熊本には無数に点在しておりますから、熊本の歴史や地理に詳しい、加来タクシーをなにとぞご指名くださいますよう、よろしくお願いします。

再春館製薬所の最後のイルミネーション

ドモホルンリンクルのテレビCMでおなじみ、再春館製薬所は熊本県益城町にあります。そこでは毎年恒例で、クリスマスイルミネーションが実施されておりまして、昨年(2015年)がサンクスイルミネーションが最後だったのです。そのときのイルミネーションの写真を見つけましたので、せっかくなのでアップしてみます。

 

cimg0633

 

再春館製薬所は熊本地震で最も大きな被害を受けた益城町に本社があるため、当然ながら、熊本地震では、工場の壁、コールセンターの天井、工場の保管商品等にはかつてないほどの被害を受けたのだそうです。4月28日(木)には通常体制に戻るまで、2週間ほど休業を余儀なくされたようです。

 

cimg0634

 

 

益城町はいまだ倒壊した家屋の多くがそのままであり、復旧の道のりは長い、と思っております。復旧が終わるまでに人々の記憶から風化していってしまうのではないか、ということが気がかりでなりません。益城町の現状を見ておくべきだと思われるときには、わたくしのような観光タクシードライバーにお任せくだされば、解説をつけて益城町を視察できるかと思います。

 

それでは、残りの写真もお楽しみください。

 

cimg0627

 

cimg0629

 

cimg0638

 

cimg0637

 

cimg0635 cimg0634

 

cimg0626

飯田丸五郎櫓の倒壊防止工事

cimg0793

 

熊本城の、大天守と小天守をならべて撮影したもの。地震で瓦が落ちてしまっている、熊本城の現在の姿です。

 

 

熊本地震後、熊本城は立ち入り禁止となってしまったため、大天守にあった、熊本博物館分室としてのさまざまな展示物も見ることができなくなっております。

 

 

この熊本城では、天守だけでなく、さまざまや櫓、塀、石垣も倒壊の被害にあいました。

飯田丸五郎櫓もその1つで、石垣は崩れてしまい、隅石1本で櫓を支えている状態でした。

 

 

そこで、熊本城近くを訪れたとき、たまたま見かけたのが飯田丸五郎櫓を取り囲む羽、緑色の巨大なアームでした。

cimg0786

この緑色のアームは、仮受構台といって、このアーム状の鉄骨で崩れかけた櫓が倒壊しないように支えているのです。詳しくは熊本城公式Facebookページで工事の様子が公開されていますので、そちらもぜひご参照ください。

 

 

熊本城復旧は難しい工事になると思いますが、熊本の宝をぜひ後世に残していただけるように、頑張っていただきたいと思っております。

 

 

ここからCMとなりますが・・・

 

 

熊本市内観光には、個人観光タクシー「加来(英)タクシー」(090-2852-1466)を、ぜひご利用くださいませ。

 

熊本城敷地内に立ち入ることはできませんが、熊本城を外から見ることは可能です。自然の猛威によって傷ついてはおりますが、あえて、いまの、この熊本城を見ておく意味もあるのではないかと思います。熊本城に付随する大型観光施設である「桜の馬場 城彩苑」は営業中ですから、ここでお土産を選ぶのも楽しいですよ。水前寺成趣園(水前寺公園)もすぐ近くですのでタクシーなら効果的にまわれると思います。

 

料金は、人数問わず1時間4,000円ですので、大人数での乗り合わせがお得ですよ!観光知識には、誰にも負けませんので、ベテランガイドをお探しであれば、ご用命くださいませ。ただし、パソコンやメールは苦手ですので(ブログもかわりに打ちこんでもらっています。)携帯電話(090-2852-1466)をに直接、お電話ください。