黒石原(飛行場)奉安殿跡

 

教育勅語や御真影を奉る場であった奉安殿ですが、GHQの神道指令によりほとんどが破却され、現在ではほとんど見ることができません。

 

ところが、黒石原飛行場の奉安殿は解体をまぬがれ、かつ原位置に残る、県内でも唯一ののもので、近代遺跡として貴重な文化財となっています。

 

 

黒石原飛行場の奉安殿は、洋風の様式で大理石が貼られていたということですが、現在ではベースとなるコンクリートがむきだしとなっています。

 

 

奉安殿の内部。

 

黒石原飛行場は昭和十六(1941)年四月に現在の合志市豊岡に熊本地方航空機乗員養成所として開所されました。

 

この時期に黒石原(飛行場)奉安殿は、創建されました。航空機乗員養成所とは、逓信省航空局が設置した民間航空機乗員(操縦士、機関士、通信士)を養成する施設で、全寮制で軍隊式の教育が行われていました。

 

ここ黒石原飛行場からは、終戦までの四年間で五百三十四人が巣立っていきました。昭和二十年三月から四月にかけては沖縄戦に出撃する特攻機の中継基地として利用され、五月十三日には米軍機による空襲を受けました。この日の攻撃により、七名の犠牲者が出ています。

 

そして七月からは、本土決戦に向けて特攻隊機十二機が常駐していましたが、八月十五日終戦を迎えました。

(くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワークリーフレットより引用)

 

 

西岡神宮

 

 

菊池氏、宇土氏、名和氏といった、宇土歴代領主の尊崇を受けてきたのが、この西岡神宮です。

 

小西行長公が領主の時代には、キリシタン大名であった小西氏により社殿焼き討ちに遭いました。(小西氏の時代には、県南の寺社の多くが破却を受けたとの言い伝えが残っています。)その後、加藤清正公により現在の地に再興され、細川氏の庇護も受け、現在にいたります。

 

 

和銅6年(713年)、宇土地域の総鎮護として中原に創建されました。

 

当時は春日大神住吉大神の勧請でしたが、承久3年(1048年)に八幡宮をあわせて祀ったため、三宮大明神と称することになり、現在でも三宮さんの名で親しまれているそうです。

 

 

社殿に用いられている石柱や基礎の石が赤みがかっていて、宇土市ならではの馬門石が使われているのがよくわかります。

 

※馬門石とは、宇土市網津町字馬門で産出される凝灰岩で、約9万年前の阿蘇山の噴火により流れ出た火砕流が堆積したものです。

 

 

五色の鳥居。

 

緑…仁・自分を愛し真心と思いやりを持ち誠実に人と接する
黄…信・心も行動も言葉も嘘偽りのない生き方で人と接する
赤…礼・礼儀礼節を大事に節度ある態度気持ちで人と接する
白…義・道理や人道に尽くし倫理を踏み外さずに人と接する
紫…智・知恵を高め偏りのない豊富な知識を持ち人と接する

 

 

来週末は秋季大祭も催されますので、それにあわせてご覧になるのもよいかもしれませんね。

 

近世宇土城跡

 

前回、中世宇土城をご案内させていただきましたが、今回はそのあとに小西行長公により築かれた、近世宇土城をご案内いたします。位置的には中世宇土城と近く、500mほどしか離れていません。

 

江戸初期に2度に渡り破却を受けたため、当時の姿がどのようであったのかは謎に包まれています。現在、堀や石垣が残っており、本丸跡が城山公園として整備されています。

 

 

城山公園には小西行長公の銅像が、訪問者を見下ろしています。

 

キリシタン大名として知られる小西行長公は、永禄元年に大阪堺の豪商(薬種商)の子として京都に生まれ、はじめは岡山の領主宇喜多直家に仕えていましたが、天正8年頃からは秀吉の側近として活躍しました。

 

慶長5年の関ヶ原の戦いでは、石田三成率いる西軍の中心人物となりましたが敗戦し、石田三成らとともに京都六条河原で処刑され、42歳の若さでこの世を去りました。

 

 

小西行長公は、秀吉の下では、室津・塩飽・小豆島を治めたあと、天正16年に肥後国宇土郡・益城郡・八代郡の領主として、17万5千石を所領し、宇土城主となりました。

 

近世宇土城を築くとともに、城下町を整備して、今日の宇土市街地の基礎を作りました。

 

国指定史跡・中世宇土城跡(宇土古城)

 

宇土市の西岡台と呼ばれる小高い丘陵(標高39m)にある中世宇土城を今回はご案内いたします。

 

なぜ「中世」などと名前に付けているのか?といえば、宇土城と言われるものは2カ所あるからです。しかも500mほどしか離れていませんので、混同を避けるために、便宜上そう呼ばれるようになりました。

 

 

宇土城東側の虎口(こぐち)。門や柵が復元展示されていました。ここを登り切れば、千畳敷と呼ばれる、主郭(本丸)に到着します。

 

西岡神宮の古い記録によれば、藤原頼通により1048年に築かれたと言われていますが、正確な築城年はわかっていません。宇土氏、名和氏の居城であったとのことです。

 

 

千畳敷を囲っている空堀。遺構保存のためコンクリートで固められています。

 

キリシタン大名・小西行長公により近世宇土城が築かれた16世紀末には、中世宇土城は使われなくなりました。

 

 

千畳敷にある16号建物跡。桁行13.9m、梁行5.0mの掘立柱建物跡です。掘立柱建物とは、素掘りの柱穴に柱を据え付けたもので、瓦が出土しないことから、屋根は板葺きもしくは茅葺きだったと考えられています。

 

 

昭和49年から平成23年度まで計24回におよぶ発掘調査が行われ、千畳敷ではおびただしい数の柱の痕跡が見つかりました。堀に堆積した土の中から、土師質土器や摺鉢、火鉢などの瓦質土器、備前焼や瀬戸焼、中国で焼かれた白磁・青磁・染付などの13~16世紀を中心とする陶磁器が出土しました。

 

 

千畳敷には、古墳時代前期(4世紀)に「首長居館」と呼ばれる豪族の住まいがありました。周囲を大きなV字型の堀で防御しており、敷地の広さは東西約80m、南北約93mと九州の首長居館でも最大規模を誇ります。首長居館の堀からは、生活に使った土師器の壺・甕・高坏などが出土しています。

 

首長居館の建物跡や古墳は、中世の城造りで大規模に土地が削られたために無くなったと考えられています。

(平成24年1月宇土市教育委員会/現地案内板より抜粋引用)

 

 

中世宇土城からの眺め。

 

宇土城は連郭式で、千畳敷のほか、三城と呼ばれる曲輪がありましたが、今回は時間に余裕がありませんでしたので、三城のほうは省略させていただきました。

 

宇土の雨乞い大太鼓

 

かつて小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)も見たという、宇土の雨乞い大太鼓。小説「夏の日の夢」の一節にも、そのシーンが登場します。

「オーイ、車屋サン!」と、私は叫んで、「アレデス。アレハ何デスカ?」と訊ねる。車屋は、停止もせずに、叫んで答えた。
「どこでん、今は、同じこつばやっとります。もうずいぶんなとこ、雨が降っちゃおりまっせんけん、雨乞いばしよるとです。そんために、太鼓ば打ちょっとです。」
他のいくつかの村も通り過ぎたが、そこでも大小様々な太鼓を見たし、音も聞いた。そして、水田の遙か向こうの、見えない村々からも、太鼓の音が山彦のように響き、こだましていた。(小泉八雲著「夏の日の夢」より)

 

 

戦後の急激な経済成長のなか、雨乞い大太鼓はすっかりすたれていきました。かつては祭りの主役であった大太鼓も、神社や公民館の片隅でほこりをかぶったまま放置されてしまったり、壊れてしまったりしていました。

 

しかし、昭和48年に椿原地区で雨乞い大太鼓が復活したのを契機として、各地区で復興の動きがでてきました。そして、平成2~3年に当時の竹下登内閣が打ち出したふるさと創生事業の交付金を活用して、太鼓の修復と、今回取材をさせていただいた大太鼓収蔵館を建設しました。

 

 

大太鼓29基と関連資料28点が、国重要有形民俗文化財「宇土の雨乞い大太鼓附関連資料」として平成29年3月3日付けで文部科学大臣により指定されました。

 

これが附(つけたり)指定された関連資料のうちの1つである上古閑村の油単(ゆたん)。太鼓の胴にかけるものですが、天保十五年とありますので、これだけでも相当な価値があるものです。

 

 

宇土の雨乞い大太鼓の、外見上の特徴の1つである木星(きぼし)

 

十四面体の飾りで、片方に24~37個ずつ付けられています。これは、もともと皮止めとして使われた木製の楔が元になっていると考えられていて、それが金属鋲で皮止めをするようになったあとでも、装飾として残ったものではないか、と考えられています。

 

 

附関連資料の1つ、大太鼓担い棒。長さが9mあり、重くてとても持ち上がりませんでした・・・。写真右のような、ドラ太鼓も3基展示されています。これ以外の26基はすべて長胴太鼓ですね。

 

じつはこの大太鼓収蔵館で保存されている大太鼓、どれも実際に叩いてもいいんです!館長さんが「どうぞ実際に叩いてみてください!」と言ってくれましたが、かなり高価な大太鼓だと聞いていましたもので、それはもう、おそるおそる叩きましたよ。

 

 

実際に雨乞い大太鼓を演奏していただきました。(アップロードの許可をいただいております。)

 

本当はこれに鐘や笛などがあわさるとのことで、伴奏がないと地味なんですけどね・・・、と謙遜されていました。

 

 

毎年8月第1土曜日に行われる宇土大太鼓フェスティバルには、各地区保存会による市中パレードや大太鼓の競演が行われ、市内外から多くの見物客で賑わうそうですよ。

 

轟御殿/轟泉自然公園

 

宇土細川藩菩提所跡(泰雲寺、原泉社)のある、轟泉自然公園に本日はやって参りました。

 

 

通常、寺跡や神社跡というのは、単に木碑のみが残るケースが多いのですが、こちらは荒廃こそ進んでいるものの、参道の階段などは保存されており、当時の面影を残しています。

 

 

泰雲寺跡・原泉社跡

慶安年間(一六四八~一六五二)宇土細川藩二代藩主細川行孝公が父である初代立孝公の菩提を弔うために建立したのがこの泰雲寺です。

もと八代に建立した宗功寺を宇土に移したもので禅臨済宗京都大徳寺内高桐院末寺、泰雲寺三車山と呼びます。

立孝公以降の歴代藩主の墓地もあり以後宇土細川氏歴代の菩提所となっていました。ところが明治時代廃仏毀釈によって泰雲寺は廃寺となり、そこに神道による原泉社を建て細川氏歴代の霊を祀るということになりました。

(現地案内板より引用)

 

 

細川家歴代墓苑は立入禁止になっていました。熊本地震の影響ではないかと思われます。

 

 

こちらは公園として整備されていますので、この日は夏休みということもあり、家族連れのかたがよく訪れていました。

 

なぜ轟御殿というのかといいますと、まずこの場所が宮庄町字轟という地名であり、第十一代藩主細川立則公が文久2年(1862)にこの地を隠居所としたため。新小路町の「御殿」と区別するために、頭に字名をつけて「轟御殿」と呼んでいるのだそう。

 

 

公園の一角にある轟泉資料館。地元の歴史資料などを展示してあります。(入館無料)

 

 

宇土細川藩関連資料や轟泉水道の資料など、大きくはないものの地元の歴史資料を見ることができて興味深かったです。

 

 

昭和36年まで作られていたという轟和紙の展示スペース。轟村石橋の和紙は、宇土細川藩の御用をつとめ、加藤清正公御用達の製法を伝えていると言われています。

 

 

宇土細川藩の歴史や、地元の歴史を知るにはうってつけの場所だと思いますので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

轟水源/轟泉水道~日本最古の現役の上水道

 

轟水源は、宇土古城跡から西に1kmの場所にあります。

 

これを、およそ3kmほど離れた宇土の町まで運ぶ轟泉水道を、寛文3年(1663年)に宇土細川藩初代藩主・細川行孝公が整備しました。

 

宇土の町は地下水に恵まれず、水質がよくなかったために、昔から名水として知られていた轟水源から水道を引こうと思ったのですね。

 

 

驚くべきは、轟泉水道がまだ現役で使われているということなのです。(上記写真)現在でもなお、約90戸の家庭に上水を供給しつづけています。

 

もっとも、当初使われていた瓦質製樋管では水漏れや濁りがひどくなってきたため、敷設から約100年後の明和八年(1771年)、宇土藩五代藩主・細川興文公が、馬門石製の樋管に改修しております。

 

 

馬門石は、約9万年前の阿蘇山大爆発で流出した火砕流が凝結してできた「阿蘇溶結凝灰岩」のうち、宇土市網津町馬門付近で産出するものをそう呼んでいます。

 

通称「阿蘇ピンク石」と言われており、ピンク色をしているので、これが使われているとすぐに分かります。堆積して冷えたときの条件により、赤みを帯びることになったのだと考えられています。

 

 

訪問時は夏休みの真っ盛り。子ども連れの家族が次から次に、水遊びをしたり、水くみをしたりしていました。

 

水遊びができるこの場所と、上水用の水源とは当然別になっています。

 

 

轟泉水道のスタート地点です。

 

轟水源は、宇土半島の大岳系山塊や白山などを源流とした地下水であり、肥後三轟水と呼ばれていました。湧水量は1日約6千トン、水温は約18度で、お茶に適していると言われています。

 

 

轟水源は標高約8m、終着点付近の船場あたりは標高4mなのですから、その高低差はわずか4m。

 

総延長4.8km、そのうち本管3.5kmとのことですが、勾配をどのように管理していたのか・・・?いまほど精密に高低差を測定できないと思うのですが、当時の土木技術のすごさにうならされますね。

 

 

なお水漏れなどの修理には、昔から赤土や貝灰、塩、松枝、松葉の煮汁を混ぜ合わせ、杵でついたガンゼキと言われるものが使われています。

 

水中でも固まる性質があるため、これは現在でも修繕に使うそうです。

 

新免武蔵塚と小袖塚

新免武蔵塚

 

宮本武蔵の墓碑とされるものは、武蔵塚公園、西の武蔵塚、立田自然公園など、熊本県各所に点在していますが、じつは八代にも宮本武蔵の墓碑があります。

 

こちらは、武蔵死後125年目に、門下の村上氏が建てたものとされています。地震の影響か、だいぶ斜めになっていました。

 

 

手前に見えるのは、懐良親王ゆかりの御小袖塚。この奥にさきほどの新免武蔵塚があります。

 

懐良親王御建立の御両親の陵墓御小袖塚

市指定文化財記念物(遺跡)

昭和三十八年四月二十日指定 

 

征西大将軍懐良親王が父君後醍醐天皇と母君霊照院禅定尼の御追福のためにたてられた菩提寺・御陵墓である。

 

親王が吉野をたたれるとき、形見に賜った父天皇の御小袖を埋められたことから御小袖塚とも呼ばれる。中央にある一基のの五輪塔は何れも南北朝期のもので、向って左は天皇、右は御生母で、その墓前には菩提寺として護国山顕孝寺を建て、仏壇には御自筆銘の御霊牌を安置して供養された。御陵墓の周りは玉垣が囲されその四隅には高さ九十一cmの五輪塔を備え嵯峨大覚寺の御陵と同じ様式で造られている。

 

後に顕孝寺は廃寺となり相良氏支配の頃には悉地院が建てられ、相良氏の祈祷所となった。現在御霊牌は悟真寺御霊殿に奉安されてある。御陵墓の後には「新免武蔵塚」があり、西側には妙見神宮寺社僧代々の墓がある。

 

昭和五十七年十一月 八代教育委員会(引用)

 

草枕交流館

 

玉名市天水町・草枕温泉てんすいの近くにある草枕交流館。ここは2006年4月にオープンした、夏目漱石の小説「草枕」を題材とした観光案内施設となっております。

 

夏目漱石はここ小天(おあま)温泉を旅行で訪れたときの経験を元に、小説「草枕」を執筆したと言われています。

 

 

大型スクリーン・大型スピーカを備えたガイダンスホール。

 

こちらでは、はじめて訪問される方向けに「草枕浪漫」(11分)というビデオを上映してくださいます。席数42席となりますので、大人数のときには事前相談が必要です。

 

 

 

展示収蔵庫で閲覧できる、前田家別邸復元模型(山鹿灯篭師作)。

 

前田家別邸は前回の記事でご紹介させていただきましたが、現在でも前田家別邸はその一部が残っており、見学をすることができますよ。前田家別邸は温泉旅館として利用されていたようです。

 

 

展示収蔵庫では、前田家の歴史や草枕に関する展示を見ることができるほか、中江兆民、岸田俊子や孫文、黄興らの書などを見ることができます。

 

 

そもそも、漱石はなぜ明治29年の暮れに小天温泉へ行ったのでしょうか。

 

夏目漱石の自宅には書生たちが下宿をしていたのですが、熊本ではじめての新年を迎えるために漱石の妻・鏡子が作ったおせち料理を、その書生たちが年始客が来る前に食べてしまったのが、そもそもの事の発端です。

 

当然、夫婦で喧嘩になってしまい、漱石はよほど懲りたらしく、翌年は暮れから小天温泉へ旅へ出ることにしました。

 

 

企画展示室。こちらでは現在、草枕の道の古道調査、すなわち漱石の小天温泉旅行の道程を、事細かに調べ上げた資料が展示されています。

 

 

屋外では温泉地らしく、足湯場がありましたが、こちらは熊本地震の影響により使用できなくなっていました。

 

 

夏目漱石が草枕を書くことになった背景を詳しく知ることができる施設となっています。

 

入館無料ですので、小説好きな人のみならず、ぜひお立ち寄りください。

 

旧玉名干拓施設~石塘史跡公園

 

玉名市の平野部は、いまでは熊本の一大穀倉地帯となっていますが、その平野部は実は江戸時代から行われてきた干拓事業により生まれたものです。菊池川流域で75カ所もの干拓地が開かれました。

 

明治26年に築堤された、この明丑(めいちゅう)堤防は、その一連の干拓事業の遺構の1つ。国営横島干拓による潮止工事が完了してからは第一線堤防としての役割がなくなり、以降の近代的な改修を受けなかったため、当時の姿を良好に保存した遺構となっています。

 

 

加藤清正公は肥後入国後、領地を視察し、菊池川の流路をつけかえて潮受け堤防を築くことができれば、広大な領地を造成できると考えました。天正17年(肥後入国の翌年)には、さっそく工事に着手しました。

 

その清正公の築いた潮止堤防(石塘)の近くに、加藤神社が建立されました。

 

加藤神社

 

加藤神社

 

当社の祭神は加藤清正公である。熊本の領主となった清正公は、玉名平野を流れる菊池川河口一帯の広大な洲や干潟に着目し、これを水田化するために大々的な河川改修工事を行った。

 

その最終工事として困難を極めた石塘の築堤が、以後の横島発展の礎となったのである。

 

後世、村民が深くその遺徳を偲び、明治三年、清正公の遺像を石の祠に納めここに安置した。その後明治二十五年に社殿を建築し、現在に至っている。

 

平成二十年四月 横島校区まちづくり委員会(引用)

 

 

横島丘陵と久島山を結ぶ潮受け堤防は、長さ380mほどですが、激流のために造っては壊れを繰り返し、工事が難航したようで、ついには人柱を建ててようやく工事を完了させました。

 

ようやく慶長10年に完成し、小田牟田新地として、新たに約880町歩の土地が造られました。

 

 

潮受け堤防付近は、現在では石塘史跡公園として整備されていて、加藤清正公の造った石塘を間近で見ることができます。

 

 

石塘

 

往時菊池川の主流は横島山と久島山間を流れていた。加藤清正は菊池川の水路変更と石塘築堤によって、数百町歩の耕地が出来ることに着眼し、天正十七年(一五八九年)工を起し十七年間の歳月をついやし、慶長十年(一六〇五年)これを完成した。その間、横島久島間約四〇〇米の築堤は最も難工事で人柱と読経の加護によって築かれたと言い伝えられている。

 

人柱の跡

 

加藤清正公の小田牟田新地干陸で最も困難だったのは石塘の潮止工事であった。築いては幾度となくこわれるので人力では如何ともしがたく、古例にならって人柱を入れ、横島山頂より読経して潮止に成功したと言う。

 

その場所がここであると伝えられる。この築堤に当たり多数の犠牲者と人柱に立った人の霊を祀ったのが大園にある本田大明神である。

 

横島町教育委員会/横島町文化保存顕彰会(引用)

 

唐人川

 

加藤清正公による菊池川流路変更の前は、菊池川本流であったとされる唐人川。

 

いまでは、当時人柱を立てたほどの激流であったことが嘘のように、川の流れ方がおだやかです。