来迎院で見られる松本喜三郎の生人形


松本喜三郎は、 文政八年(一八二五) に熊本の 井手ノ口町(現在の熊本市中央区迎町)に生まれた、当時、一斉を風靡した生(活)人形師(いきにんぎょうし) です。

生涯に数百体を作り上げたとされていますが、現存しているのは10点ほどにすぎません。そのうちの貴重な1体を保管・展示されている、来迎院に今回はお邪魔いたしました。


20代のころ、生きた人間と見紛うような、等身大の人形を作ったことから、生人形師と呼ばれるようになりました。現実の人間を再現するという、リアリズムあふれる作風で人気をはくし、 若き頃から地蔵祭りの「造りもの」で名を馳せ、やがて大阪難波新地や浅草奥山へと活動の場を移していきます。

そこで 「浮世見立四十八癖」、「西国三十三所観音霊験記」などの見世物興行で 、生きているかのような等身大の生人形で世間の人を驚かせました。
  


こちらが来迎院に保管されている「聖観世音菩薩像(しょうかんぜおんぼさつぞう)」です。1887年の作品とされており、高さは110cmあり、喜三郎の代表的な作品といえます。実物を前にすると、その生人形の精巧さ、瑞々しさに、目をみはることになります。

しかし、西洋のものがもてはやされる西洋崇拝の世相のなか、 しかも見世物細工となれば低俗なものだと見られてしまうこともあり、松本喜三郎の名は忘れ去られていくこととなりました。


なお、日本ではじめ義足を作ったのも、松本喜三郎であると言われています。歌舞伎役者の三代目田之助のために作ったものがそうなのですが、外観こそ完璧だったものの、適合が悪く使い物にはならず、それを恥じて代金は受け取らなかったと言われています。

彼は東京大学の前身である東校から、人体模型制作の依頼を受けたさい、そのあまりの見事な出来栄えに対し、「天物天真創業工」という賛辞が贈られたとされます。


御朱印をいただいているところです。こちらでは、写経・写仏カフェなるものも定期的に開催されておりますので、ご興味のあるかたは公式ホームページを訪れてみてくださいね。

①毎月第3土曜日 『写経カフェ×お抹茶』

②毎月不定期『写経カフェ』(毎月開催日が変わります)
*HP、SNS等で事前に告知いたします。10時〜18時(受付17時まで)


木造閻魔王坐像(天保4年・1833年)。来迎寺には、松本喜三郎の作品以外にも、歴史のある宝蔵品が多数保管されています。


来迎院は、熊本市春日の万日山の中腹にありますが、奈良時代に創建されたとされています。

もともとは法相宗で松山(西万日山)に奥の院を持つ三十六坊の大寺院で、山上に本堂があり、かつて僧房があった場所にこの来迎院が建っていると言われています。

フェアトレードや子どもサポート事業など、さまざまな社会貢献活動も行われていて、写経体験などもできる、開かれた活発なお寺さんですから、松本喜三郎の作品に会いに行くもよし、仏教体験に行くもよし。ぜひ訪問されてみてはいかがでしょうか。
 

六殿神社~釘無しの楼門

 
以前ご紹介させていただきました木原不動尊(長寿寺)と同じ雁回山(木原山) にある神社「六殿神社」

こちらにある楼門は、1907年に熊本県の建造物としては初めて国の重要文化財の指定を受けました。
 

 
この丹塗の入母屋造りの楼門は、天文18年(1549年)に名和顕忠が建立したと伝えられています。屋根は茅葺きとなっており、棟高は7.8mあります。

三間一戸楼門という形式の門であり、用いられている技術の高さは、 斗栱(ときょう)と呼ばれる組物からも見てとれます。(縁の腰組が二手先、上重が三手先となっており、軒を二軒本繁垂木としています。)
 

道の駅 不知火(しらぬひ)

  
松合白壁土蔵群を訪ねたさい、道の駅「不知火」にもたちよって、お昼ご飯をいただきました。ここにあるレストラン「 しらぬひ亭 」では、とんでもない大盛りの貝汁定食がありまして、これはちょっとよそでは見ないボリューム感です。
 

 
KABテレビの夕方ワイド番組「くまパワ」でも紹介されたことがあるようです。大盛りの貝汁にてんぷら、茶碗蒸しにお新香もついて1,000円なら安いと思います。
 


新型コロナウイルスの影響により、4月20日からしばらく休業されているようですので、訪ねる際にはホームページで状況確認をされたほうがよろしいかと思います。

  
ソフトクリームはふだん食べるほうではないですが、ご当地ソフトとなってくると、食べる機会がそうそうないかもしれないと思うと、つい食べてしまいますね。
 

  
不知火町はデコポン発祥の地となります。「デコポン」は 熊本県果実連のブランド名となり、品種名としては「シラヌヒ」となります。

「清見」と「ポンカン」の交配により作られた品種で、 日園連傘下の農業団体が出荷する糖度13度以上、酸度1度以下のもののみが 「デコポン」として出荷できるわけですね。
  

 
デコポンソフトクリーム!柑橘系のさわやかな香りがして、シャーベットみたいで冷たくておいしいです。

松合食品の工場見学のときも 丸大豆しょうゆソフトクリームを食べましたが、取材日が同日ですので、この日はソフトクリームを2個食べたことになります。
   

  
ロマンの湯「不知火温泉」。こちらも4月20日から臨時休業されていたかと思います。

なお、地名である「不知火」の由来は、景行天皇が不知火現象を目にした際、地元のものたちが誰もあの現象を説明できず、「知らぬ火」→「 不知火(しらぬい) 」と変遷していったと言われています。
 

 
デコポン発祥の地の碑。

天草方面へ行く際に通過することになる不知火町ですが、ここ1ヶ月のブログを見ていただくとおわかりのように、見どころが多くあります。熊本市方面から小旅行をされるなら、面白いタクシー観光プランを立てて差し上げられますので、どうぞお声がけくださいね。
 

松合白壁土蔵群


宇城市不知火町・松合地区は、”松合白壁土蔵群”と呼ばれる、かつての醸造と漁業で栄えたときの町並みが残されています。

なぜ白壁土蔵の建物が、この地区で多く見られるのでしょうか。

地形や建物の密集により、江戸時代に連続大火に見舞われたのです。大火後の街造りを主導した惣庄屋により、町筋の建築物は火災に強い土蔵・白壁のものへ改修されていったのです。道をひろげて防火道路( 火除道 )を作るなど、計画的な防災都市が形作られました。
  

過去の記録をひもといてみますと、このような記録が残っています。1826年~1854年にかけてが連続大火といわれるものです。仲区の薬師堂も火災焼失しています。

1781年   火災  1000戸焼失
1826年11月 火災   229戸焼失
1828年12月 火災   269戸焼失
1830年 4月 火災   335戸焼失
1834年   火災   38戸焼失
1854年 9月 火災   141戸焼失
  


松合地区は、江戸時代より宇土半島南浦の津として漁業で繁栄してきました。良質な湧水と温暖な気候に恵まれていたため、醸造業も盛んで、江戸時代には4軒の酒造家がありました。

酒造家は廻船(海運)や相物(海産物加工品)問屋も手がけて財をなしたそうです。
   


松合郷土資料館は新型コロナウイルスの影響で一時閉館となっていました・・・。緊急事態宣言前でしたが、いちはやく予防措置をとられたようです。また、あらためて訪れたいと思います。

※新型コロナウイルスの影響により、ここ2ヶ月間は取材を中止しております※
  

明治維新後などは出船入船千艘といわれ、天草や島原、五島や薩摩からも魚が水揚げされていましたが、鉄道三角線が開通し、際埼港(現在の三角港)が竣工したことによって、急激に衰退していきました。

また、もう1つの要の産業であった醸造業も、農地開放政策により衰退していくことになりました。
 

 
御船千鶴子生家跡も、この松合地区の一角にあります。千里眼の持ち主として知られる人物で、三井合名会社の依頼で大牟田市にて透視を行い、万田炭鉱を発見しました。このときに得た謝礼は2万円、現在の貨幣価値でいうと約2000万円とのこと。

その場所を訪ねてみましたが、看板のある場所には駐車場が広がるのみで、説明文も何もありませんでしたので、よくわかりませんでした。
 

  
白壁土蔵の建造物は地元有志の努力により多く残されており、現在も店舗や住居として使用されていることから、手入れもされているようです。

今回は開いてませんでしたが、訪問時はまず松合郷土資料館 を訪ねてみられるといいと思います。
  

木原不動尊~日本三大不動


日本三大不動尊の一つに数えられる木原不動尊は、じつは正式名称は別にありまして、「雁回山 長寿寺」といいます。

本山が熊本市南区富合町木原にあるため、一般的には木原不動尊と呼ばれています。毎年2月28日に行われる春季大祭には、大勢の参拝者が訪れます。


春季大祭ではご本尊ご開帳のほか、採灯大護摩供、火渡り、湯立て、湯浴びといった荒行の数々が行われ、特におき火の上を修験者が素足で歩く火渡りは、毎年多くのカメラマンが集まります。

修験者が渡ったあとのおき火を参拝者が裸足で歩くと、一年を無病息災で過ごせるといわれています。
 


ご本尊は、天台宗開祖・最澄が一刀三礼して刻んだと伝えられる不動明王立像でして、秘仏となりますので普段は厨子の中に大切に納められております。

毎月28日の縁日のときには御開扉され、朝5時から日没まで拝観することができます。
  


木原不動尊におわすお不動さまは、恵みの雨をもたらすお不動さまでして、別名水引不動さまと呼ばれております。

これは、かつて大かんばつで水田が干上がってしまったとき、困った里人がお不動さまに祈ると、不思議なことに田の中に水が引き上げられており、お不動さまの足には泥水の跡が付いていたという伝説から来ています。
 


大日如来の成り代わったお姿とされる不動明王さま。剣と縄をたずさえ、憤怒の表情でとても怖いお顔をしてらっしゃいますが、この憤怒の表情は、すべての人々を力づくでも救う決意があらわれているとも言われています。

手に持った剣は人々の迷いや欲望を断ち切り、欲の海に溺れる人々を縄で引き上げてくれるのです。
 


木原不動尊は比叡山延暦寺の末寺として、延暦年中に宗祖傳教大師が開基したとされ、保元・平治の頃には、鎮西八郎為朝(源為朝)が木原山在城の時、鬼門除の祈願所として信仰されました。しかし、天正年間に小西行長公による寺領没収等の憂き目にあい、寺は荒廃しました。

加藤清正が肥後城主となった際に再興されましたが、再び荒廃し、明治維新の折についには廃寺とされました。地元住民からの復興の願いにより、明治25年に再興の許可を得ました。

 
しかしその後、復興が遅々として進まず、明治40年に中興の祖とされる吉里弘禅師が住職となり、再建を主導していくこととなります。

大正11年より地元有志により木原不動尊霊跡顕彰会が発会され本格的な堂宇の再建がはじまり、大正15年に本堂が完工しました。
 

    
木原不動尊は檀家を持たない純粋な祈願寺だそうで、悩み多き庶民の願いをお不動さまにお伝えしてくださいます。悩みが絶えないご時世、一度ご参拝されてみてはいかがでしょうか。
 

松合食品工場見学

 
朝市での生味噌詰め放題で有名な、松合食品さん( 宇城市不知火町松合 )の工場見学に訪れました。 松合食品という名前でピンと来なくても、ヤマア醤油のメーカーさんだと言われれば、熊本県民ならばおわかりいただけるはず。

この工場見学が、無料にしてはとても楽しいですので、松合白壁土蔵群見学や不知火温泉などと組みあわせると、じっくり1日楽しめる観光コースになるのではないかと思います。

※新型コロナウイルスによる緊急事態宣言前の取材となります。
 

  
まずは工場にはいる前に、味噌汁がでてきます。味噌の味を知ってもらうにはいい方法だな、と感心したのですが、とても具沢山なのにたいへん驚きました。

味噌を売りたい側からすれば、味噌の味さえ伝わればいいわけなので、販促を考えるならば別に具なしでもいいと思うのですが、このサービス精神にはまいりました!

毎月第一土曜日に開催されるみそ汁フェアでも振る舞われます。
  

  
お味噌汁をこの食堂でいただけるほか、なんとコーヒーやお茶も飲み放題になっていました。

今回特に予約していかなかったのですが、工場見学ができるか訪ねてみましたらなんとOKとのこと。そのとき居合わせたお客さんも工場見学希望でしたので、一緒に工場見学をすることになりました。(5名以上の場合は予約が必要になるようです。)
  

 
保護帽を着用し、工場にはいっていきます。 詳しいスタッフがお休みということで、かわりに事務員さんが案内してくれました。

工場見学の所要時間は10分ほど。9時~16時まで、年中無休で行われています。タイミングによっては、もろみかきまぜ作業見学もできたそうなんですけど、今回の訪問のタイミングでは残念ながら、出来ませんでした。
  

   
肥後国松合郷は江戸時代より醤油の町として栄えたそうで、そのなかで松合食品さんは、文政十年に創業し、約200年の歴史を誇る老舗の味噌屋さんです。

松浦家一門(東阿波屋・田之先阿波屋・西阿波屋・上阿波屋)が「阿波屋」として松合を中心に醤油、味噌、酢醸造を営んでいたところ、先代の上阿波屋の社長が一門の阿波屋を統合し、昭和27年に現在の松合食品株式会社を設立したそうです。ヤマア食品のマークに、「上」の文字がついているのは、今の蔵が現存する上阿波屋の1文字を取ったということです。

松浦家がこの地で味噌造りをしていたことを示す史料で、確認できる最古のものが文政十年 (1827年) のものだということで、味噌造りの歴史がおよそ200年ということです。
  

  
コスト面で脱脂加工大豆を使うメーカーが多いなか、松合食品さんでは熊本県産のnon-GMO(非遺伝子組み換え)大豆にこだわっていらっしゃいます。可能である限りは、生産者の顔の見える大豆を使っていきたいというのが、社長の方針のようです。
  

  
松合食品の工場が高台にありますので、有明海を一望することができます。
  

  
工場見学のあとは、物販コーナーでうまかもんを探すのもいいですね。肥後の赤酒を隠し味に使ってあるというにんにく味噌と、フリーズドライの味噌汁などを買わせていただきました。
  

 
6.3kg入りの味噌なんてのもありました。一般家庭ではなかなか使い切れるサイズではないですが・・・。
  

 
丸大豆しょうゆソフトクリーム(150円)。ご当地ソフトクリームというと食べずにいられませんね。この手のご当地ものは外れも多いのですが、この丸大豆しょうゆソフトクリームはおいしかったですよ!お値段もお手頃ですしね。
 

不知火現象観望地・永尾剣神社

 
和銅6年(713)、元明天皇の勅願により国郡鎮護のため創建された神社で、不知火現象の観望に適した場所ということで知られています。

読み方は「えいのおつるぎじんじゃ」といいます。
  

 
かつて海童神が「えい」の魚の背中に乗ってはるかかなたより鎮座された、との言い伝えもあり、そのため、氏子は「えい」を食べないのだそう。
   

 
不知火現象は八代海で見られる蜃気楼現象(鏡映蜃気楼)で、漁火を光源として、数百や数千の火が横並びに並んで見える現象です。

旧暦7月の晦日の風の弱い新月の夜などに起こるとされ、遠浅の海が続く八代海の干潟の砂と流れ込む水路の温度差が幻視の原因となっているようです。
  


かつては龍神の灯火と恐れられ、不知火が見える日の漁は不吉なので避けたとされています。

『日本書紀』などに、景行天皇が九州南部の先住民を征伐するために熊本を訪れた際、不知火を目印にして船を進めたという記述があります。


厳島神社を思わせる海の鳥居があります。参道が海からはじまってるなんて、ロマンチックだと思いませんか。

これは引き潮のときに撮影したので基礎部分が水没していないですが、満ち潮のときであれば、幻想的な海の鳥居が撮影できます。
 

 
歴史のある神社ではたまに見かける土俵。奉納相撲を行うためかと思われます。
 

 
不知火現象は干潟の埋め立てや、住居からの明かりなどの影響で、見るのは難しくなっているそうですが・・・。神社が小高くなっており、海が見渡せるのでデートスポットとしてもよさそうです。

緊急事態宣言が解除されましたら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

住吉自然公園・住吉神社(宇土)

たはれ島

 
三角大矢野海辺県立公園の一角にある、住吉自然公園を今回はご紹介いたします。公園内には、古くから航行安全の守り神とされた住吉神社や、 歌枕として知られる「たはれ島」(風流島)、 住吉灯台、ドゥルー女史記念碑 があります。

公園内には約1000株の紫陽花が植栽され、6月中旬の日曜日には、『~有明海の汐風とともに~紫陽花マンドリンコンサート』と物産展が開催され、多くの来訪客で賑わいます。

※新型コロナウイルス蔓延による緊急事態宣言前の取材です※
     

  
住吉神社鳥居あたりから、たはれ島を見たらこんな感じになります。周囲が0.1kmに満たないため、海上保安庁の発表している日本の構成島数6,852島には含まれない島となります。(※海洋法に関する国際連合条約では、島の定義に大きさを含めていません)

島の頂上には、住吉神社と書かれた、高さ1.3mの小さな鳥居が建ちます。

伊勢物語、枕草子にも詠まれた有名な島で、地元ではたばこ島と呼ばれているようです。1000年前になぜこんな小さな岩礁に近い島が歌に詠まれるほど有名であったか?は、当時の主要交通手段であった船の航路に理由にあるようで、有明海から緑川にはいっていくルートが熊本入りに使われていたようで、このへんの海域は当時の海上交通の要衝であったようです。
  

  
住吉神社(宇土市)は、 肥後国司であった菊池則隆が、 延久3年(1071年)に摂津住吉宮の分霊を勧招し、海上安全の守護神として創建したのがはじまりだと言われています。

戦国時代に社殿は失われましたが、細川綱利により再建され、以後は肥後三大社として細川家代々の崇拝を受けました。熊本藩主の参勤交代などの航路となるため、航路安全を祈願したとされます。
  

  
日本最古の灯台があったとされる住吉灯台。

享保9年(1724年)当時は、細川宣紀が寄進した高さ10mの高灯籠がありましたが、明治初期に石積みが破損して取り壊しとなったため、現在見られるのは昭和60年に改築されたものです。
  

  
イギリスの海藻学者、ドゥルー女史記念碑。1963年、有明海の海苔養殖業者が寄付を募って建立されたものです。

ドゥルー女史 は、海苔の糸状体を発見し、人工採苗技術の発達に貢献した人物で、海苔養殖の母と言われています。いかにも日本独自の食品らしい海苔の発展に、イギリス人がかかわっていたとは驚きですね。

住吉神社大祭の開催期間中の月命日である4月14日には、毎年ドゥルー祭が開かれています。
  

  
住吉神社石段。

慶長年間、宇土城主小西行長により社殿が焼き払れたため、以後50年間は岩崎山に仮社殿を建てて祭典を行っていたそうです。
  

  
徳川忠利が島原の乱の戦勝祈願をしたところ、抜群の功績をあげたため、これ以降、細川家の守護神と仰がれることとなり、細川綱利により再建されることとなりました。
   

  
住吉神社は高台になっており、たはれ島をはじめ宇土の干潟を上から見下ろすことができますよ。
  

御輿来海岸 展望所

  
熊本市から国道57号をたどって車で天草に向かうと、宇土のあたりできれいな御輿来海岸が眼前に拡がります。

もちろん車窓から見てもじゅうぶん綺麗なこの景色、せっかくなので高いところから見たいと思いませんか?今回は、 御輿来海岸展望所をご案内いたします。
  
  

  
文末に地図を掲載していますが、離合もむずかしい道を通らないといけませんので、運転に不慣れなかたは怖いかもしれないですね・・・。くれぐれも注意して走行なさってくださいね。
  

  
御輿来海岸の名前の由来は、景行天皇の九州遠征の際、三日月型の砂紋の美しさに御輿を止めて魅入られたという伝説からつけられたといいます。
   

   
景色が美しいですので、絶好の撮影スポットとなっています。特に夕日の光景は絶景で、夕方になるとその瞬間を撮影しようと多くのカメラファンが集まります。

なお、展望所での一脚ないし三脚をたてての撮影、場所取りなどは、まわりに迷惑となりますため、禁止となっていますので、ご注意くださいませ。
  

  
おこしき月弓の鐘。日本神話にでてくる月の神様「月弓の尊」から命名されました。砂紋が三日月形であることから、月の神様の名前をつけたみたいです。 
  

   
干満の差が激しい有明海で、この遠浅の海岸だからこそ現れる、波と風が作り出す自然の芸術品といえるでしょう。
  

  
先日ご紹介した網田駅カフェも近くですので、お昼はそちらがおすすめですよ~
  


網田焼の里記念館

   
宇土市網田焼の里資料館をたずねました。

格調高い白磁器で知られていた網田焼は、かつて御用窯にも指定されたこともあるのですが、御用釜中止となってからは凋落の一途をたどり、現在では窯跡が残るのみで、途絶えてしまっております。
  

    
網田焼の陶磁器の数々を拝見できるほか、280年前からこの地に残る、中園家の武家屋敷を見学することができます。

中園家は肥後細川藩において御山奉行と窯奉行を兼任し、網田焼を統括管理した伝統のある家柄となります。敷地面積はおよそ1000坪、木造の武家屋敷は100坪もあります。
  

   
江戸時代当時の建築様式はたいへん興味深いものです。真壁の和室に、天袋付きの床の間というのも、いまではなかなか見かけないような気がします。よく見ると長押に槍掛け(?)のようなひっかかりも・・・。

火鉢や刀掛台などもいまでは珍しいですよね。
  

  
江戸後期に建てられた中園家屋敷には、陶磁器のみならず、歴史的価値のある古道具類なども多数展示されています。
   

 
中園家屋敷はもともと老朽化による雨漏りなどが問題となっていましたが、平成3年の台風19号でついには大きく屋根が損壊してしまい、長期保存には憂慮すべき状態となっていました。 
  

  
これら貴重な民俗資料を後世に残すべく、宇土市により「網田焼の里資料館」として整備することが決まりました。
  

   
かつて蔵があったところに、資料館が整備されておりますが、残念ながらそちらは写真撮影不可でしたので、ご紹介できるのはここまでとなります。

新型コロナウイルスにより、一時休館している可能性がありますので、訪問する前には一度ご確認なされたほうがよろしいかと思います。